視力回復方法の種類

視力回復アイスマイル1.0でお子さまの視力回復できます

 視力回復アイスマイル1.0自宅でラクラク視力アップ法は、あなたの大切なお子さまの大切な視力を取り戻す方法で、子供たちが苦痛に思わず、より簡単に、より手軽に、より楽しくチャレンジでき、途中でやめることもなく「続けられること」を重視した視力回復教材で、株式会社アイリスから販売されています。

 このDVDに収録されている視力アップトレーニングは、どれも簡単なものばかりで、画面に従ってかわいいキャラクターと一緒に遊んでいるだけで視力が回復してきます。そして・・・視力回復だけでなく、「脳」も活性化するので、能力アップ、成績アップも図れます。

 眼球運動だけでなく、「脳の活性化」「血流の正常化」「自律神経の改善」を行うことで、視力回復を図る独自のアプローチで何より、安全、安心、確実で回復効果の高い方法が収録されている画期的な視力アッププログラムです。

 また、一度見て理解すると、映像をいちいち見なくてもできるものばかりで、毎回DVDをセットする必要もありません。

 

 どのような視力回復教材なのか、詳細は下記画像をクリックしてご覧ください。

視力回復トレーニングDVD 1日たった5分で視力アップ視力回復アイスマイル1.0 自宅でラクラク視力アップ法

 

この視力回復教材DVDを用いて得られるメリットは

●お子さまの顔から「メガネ」がなくなり、黒板の字もはっきりと見えます。

●「目の輝き」も取り戻せます。

●「記憶力」や「集中力」もアップします。

●「運動能力」もアップします。

●「成績」もぐんぐんアップします。

●継続することで、リバウンドしません。

●「安心安全」で後遺症の心配はゼロです。

●かなり経済的な方法です。

視力回復トレーニングなら、DVDで子供から大人まで楽しくチャレンジできる視力回復アイスマイル黒板見えない見える画像

 効果には個人差がありますが、モニター体験者の実績によると、早い人なら数日、遅い人でも約1ケ月ほどで改善効果があるようです。

 

 この教材は、業界最大手ASPインフォトップで「視力回復」ジャンルで第1位に選ばれました。

 購入すると下記の特典がありました。

 ●特典:これで安心!あなたのお子さまの目を守る生活習慣

 ●特典:1日わずか1分。親子でチャレンジ!目と脳を元気にするトレーニング

 ●特典:身体の中から視力アップ!?目と頭がどんどん元気になる食生活

 ●プレミアム特典:「視力回復アイスマイル1.0」マニュアル

 ●特典:特別ボーナス5000円キャッシュバックプレゼント

 ●特典:返金保証について

 ●特典:視力回復メールサポート

 この特典は、メールに記載されているURLへアクセスし、ファイルをパソコンの好きな場所に保存できます。

 

 このプログラムは、お子さまの視力回復を目的にしたもので、小学校1年生からでも取り組めます。それ以外の大人の目のトラブル、たとえば疲れ目や眼精疲労、ドライアイ、緑内障、白内障や老眼などの改善もできるので、家族みんなで取り組むことができます。

視力回復トレーニングなら、DVDで子供から大人まで楽しくチャレンジできる視力回復アイスマイルのイメージ画像

 ・涙をうながして目をうるおし、目の疲れ、ドライアイを解消するエクササイズ。

 ・脳の神経を活性化し、体の感覚を高める視力アップエクササイズ。

 ・目の働きを改善して、筋肉をほぐす効果があり、眼球の血流を改善するエクササイズ。

 ・眼球の機能を改善し、目の本来の働きの幅を取り戻すエクササイズ。

 ・目の働きをスムーズにし、脳と目の神経伝達を改善するエクササイズ。

 ・目と脳のつながりを強化し、血流を改善するなどヨガを応用したエクササイズ。

 などが収録されています。

 

 また、脳の活性化が行えるので集中力や記憶力の向上、不眠の解消、うつ症状などの緩和、つらい肩こりや首のこりの解消、目の周囲のクマやしわ、たるみ、肌のくすみの改善、自律神経の改善、など、うれしい健康や美容の効果も期待できてしまうそうです。

 

rank-more

 

視力回復トレーニングなら、DVDで子供から大人まで楽しくチャレンジできる視力回復アイスマイル

視力回復アイスマイルは、「続けられること」を重視した視力回復トレーニングの教材ですので、大人は勿論、子供も簡単に楽しくチャレンジできます。 DVDに収録されている視力回復トレーニングは、脳の活性化により視力回復を図るプログラムとなり、 1日たった5分でお子様と一緒に大人の目のトラブル改善にも取り組めます。 視力回復トレーニングをお考えなら、DVDで楽しくチャレンジできる視力回復アイスマイルをご利用ください。

自宅で簡単!視力回復トレーニング 概要

ショップ名 ショップひろくん
代表者 森 廣光
所在地 〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4804-1
メール shop-hirokun@hi3.enjoy.ne.jp
受付時間 メールは24時間随時受付
定休日 不定休
業務内容
  • アフィリエイト商品の販売
  • 視力回復3ミニッツ
  • 視力回復アドバンスメソッド
  • 視力回復&脳活性プログラムアイアップ
  • 視力回復アイスマイル1.0
URL https://www.shop-hirokun.com/

視力回復に効果があるプログラム「アイアップ!」

 視力は回復することができます。実は、多くの人は「視力は回復することはできない。」と思い込んでいるだけでなんです。眼科医でもそう思っている方が多くいらっしゃるようですが、視力は日々低下していますので、「その状態を食い止めること」「視力回復に向かわせること」です。

 視力が低下してメガネをかけ、そのままメガネをかけ続けていても視力は戻らず、年々低下していきます。

 そこで、視力回復と同時に脳の活性化をはかるプログラム「視力回復&脳活性プログラム アイアップ!」というプログラムが、株式会社アイリスから販売されています。

アイアップ商品画像

 このプログラムは、視力回復のために開発されたもので、目の健康改善だけでなく、視力回復と脳の活性化をはかり、目と脳のストレスを取り除き、自律神経の改善まで期待できます。他にも、眼精疲労やドライアイ、肩こりや頭痛にいたるまで改善が期待できます。

 このプログラムは、パソコンのモニターを使って行うゲームアプリのようなプログラムソフトとなっていて、CDディスクをパソコンに挿入して使います。OSは、Windows7・8・8.1・10でも使うことができます。

 今あなたは、「ん、何? ゲームをして視力回復、そんなばかな・・・」と思われたかもしれませんが、これは、ゲームといってもただのゲームではなく、視力回復と脳の活性化を促進するために開発されたプログラムで、楽しみながら自宅でできる1日わずか5分の脳トレゲームとなっていて、やればやるほど視力が回復する強力なツールです。

 

 どのようなプログラムなのか、詳細は下記画像をクリックしてご覧ください。

 

 この方法を用いれば

・目の筋肉をほぐし、疲れを取り除く

・脳の疲れをとり、イメージ力を回復する

・眼球の運動能力を取り戻す

・目と脳の連帯機能を高める

・脳内視力を向上させる

 

 など、目だけでなく脳を活性化することで、視力を回復へと導いていきます。また、お子様から高齢の方、ゲームの難しい操作が苦手な方などにも問題なく取り組めるように作られています。

 

 ゲームの内容としては

アイアップゲーム画像

 ・目と脳の連携を高めるもの

 ・目と脳の瞬発力を高めるもの

 ・周辺視野を強化するもの

 ・動体視力を強化するもの

 ・目の筋肉を連携させるもの

 ・瞬間視力を強化するもの

 などの種類があり、その他さまざまな目のトラブルの改善や予防も期待できます。

 

 このCDには、他にも視力アップセミナーも含まれています。

アイアップ視力アップセミナー

 

 販売している前田和久氏の予想をはるかに上回り、これまで視力回復をあきらめていた人も、このプログラムで見事に回復されているそうです。ですが、個人差がありますので、早い人では数日で、また遅い人では1ケ月以上かかる場合があるかもしれません。

 

 このプログラムを購入すると

 ・1日5分の新習慣!脳の血流改善エクササイズ

 ・右脳を活性化させてみるみる視力を回復する方法

 ・自律神経を改善して、目と脳をスッキリさせる7つの方法

 が特典としていただけるので、今まで知らなかったこと、間違っていたことなどがよく分かります。

 

 さらに

 ・視力回復&脳活性プログラム アイアップ! マニュアル

 ・特別ボーナス5000円キャッシュバックプレゼント

 ・返金保証について

 ・「アイアップ!」取扱説明書      もあります。

 

 

 

 視力を改善するには、生活習慣を見直すことも必要です。好きだからといって、偏ったものばかりを食べるのではなく、視力に効く食べ物(栄養素)をバランスよく取ることも必要です。

 よろしければ、このブログのカテゴリーにある、「目の栄養」をクリックしていただくとご覧になれます。

脳を活性化するには

 視力は「脳」と「目」、この2つの機能が健全に働いてようやく正常になります。

 脳を活性化させると、脳の判断力、認知力、瞬発力、記憶力が上がり、目から入ってきた光の情報を瞬時により正確に判断します。ところが、脳が疲れていると、この機能がうまく発揮できません。

   脳の活性化も視力回復のカギ

 脳を活性化させるには、脳を活性化する「明るく前むき」な生活習慣が必要です。そのためには、何か新しいことに挑戦すること。新しいことに挑戦することは非常に効果的なことです。運動や食事はもちろん大事なことですが、脳の活性化には、やはり「考えること」も大事なのです。毎日同じ行動パターンを繰り返すだけでは、脳はあまり活性化しません。

 また、指先を使うことは脳の「灰白質」を増やすことが分かっています。灰白質は脳の表面の神経細胞がいるところで、情報伝達をスムーズにし、脳内視力だけでなく、記憶力の向上や頭の回転を速くするのに効果あるといわれています。

 指先は細かな動きをするためにたくさんの神経細胞が集まっていて、指先を使うことでそれらが刺激され、脳の活性化に繋がります。指先をくるくるまわす指先運動や指を反対に反らす指のストレッチなど、どこでも簡単に行うことができます。

 例えば、ひとつの方法として「楽器の練習」があります。できれば、いままで習ったことのない楽器がいいでしょう。高い高級な楽器でなく、縦笛とかキーボードとかで結構です。

   縦笛  キーボード

 大切なことは、新しいことへの挑戦で、そして指先を使うことです。目標を持つことで達成感を得られるということです。達成感を味わうことで、脳内のやる気ホルモンとも呼ばれているドーパミンの分泌が促されます。適度なドーパミンは快感や幸福感をもたらしてくれるので、脳の活性化に大いに役立ちます。

 また、「脳内の血液量を増加させる」ことも必要です。血液は、栄養と酸素を運んでいて、脳は他の器官よりも大量に酸素を必要としています。そのため、酸素不足が起こると途端に脳は敏感に反応を示し、最も大きな影響を受けます。新鮮できれいな血液が、絶え間なく、豊富に送り込まれないと脳は正常な機能を維持できません。

 脳の酸素量を増加させる有効な方法として、ウォーキングや水泳などの有酸素運動があります。。

   ウォーキング

 ウォーキングで、歩くことにより全身の血流が良くなります。また、足は「第二の心臓」と言われるふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たしているので、ウォーキングにより全身の血液がめぐるようになります。そのため、脳へ送られる血液の量も増えて、血液と一緒に酸素や栄養も運ばれます。すると脳の神経細胞が刺激され、脳内が活性化します。そして頭の回転が速くなり、記憶力アップや、認知症の予防にも効果的な健康法です。

 有酸素運動をすると、酸素をしっかり取り入れることができますので、脳にも大量の酸素が供給されます。また、ストレスを取り除いてくれるのも血液ですので、脳の血流が正常になれば、ストレスや疲れのもととなる老廃物も取り除かれます。

「脳内視力」をご存知ですか

 「脳内視力」は、目から受け取った光信号を正しく認識し、判別する機能です。

  脳内視力1

 普通、視力と言えば「眼球視力」と思っている人が圧倒的に多いですね。実際には、人は目だけでなく「脳」で認知することによってはじめて「物を見る」ということができます。目は見たものを情報として脳に伝える「受容体」に過ぎません。もちろん脳だけでなく目も重要な役割をしています。

 様々な色や遠い近い、鮮やかなものやくすんだものなど、いろんなシチュエーションに対して瞬時に反応して対応するカメラのピント調整機能のような働きもします。目で見ただけでは頭の中に映像として浮かんでこないので、目から受け取った情報は視神経を通して脳の資格野に送られ、その情報を元に映像化しています。そうして、脳がそれを認知することで初めて「物を見る」ことができます。脳内視力をよくするには脳を活性化するトレーニングが効果的です。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

 

 眼球視力は、一般的に認識されている目の視力のこと、目が対象物にピントを合わせて映像を網膜に映し出す力のことです。視力を回復するということは、この眼球視力を回復させることですが、実は、眼球視力のトラブルではなく、ストレスによる「脳内視力」の低下によるものだったらどうでしょうか。

・疲れが抜けない

・寝つきが悪い

・すぐにいらいらする

・やる気がおきない

こんな症状に心当りがある人は要注意です。

 視覚は、目と脳の両方で見ているということですので、眼球視力とともに脳内視力を高めることで実際の視力の回復につながるというように考えられています。脳を活性化することで眼球視力も回復します。また、脳にストレスがかかって機能が低下しているのも間違いなさそうですので、脳のストレスを取り除き脳の機能を正常に、さらに活性化させることができれば、脳内視力はスッキリと改善できるということです。

 脳内視力をアップすることで老眼の改善にも効果があります。老眼は、目の筋肉が衰えることで起こるといわれていますが、実は脳の老化も密接に関係しています。脳の神経細胞はだいたい40歳くらいから減っていき、その頃から脳の老化が始まるといわれており、それに伴って視力もだんだんと低下していきます。脳を活性化して、脳の老化を遅らせることができれば、老眼になるリスクを減らせることが出来るということです。

 眼球視力は、長期的にしっかりとトレーニングに取り組み必要がありますが、脳内視力の回復は、眼球視力とは比較にならないくらい簡単に回復させることができます。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

『視力回復&脳活性プログラム アイアップ!』限定特別公開のお知らせ

本日、(株)アイリス 視力向上委員会 前田和久 さんより限定特別公開のお知らせが届きました。

内容は以下のとおりです。

ここから

――――――― あなたの脳が若返る!? 『視力回復&脳活性プログラム』 を限定特別公開します ――――――――

 視力回復を、「目」ではなく、「目と脳」の病気ととらえ独自に開発されたプログラム、『視力回復&脳活性プログラム アイアップ!』は、パソコンのモニターを使って行うゲームアプリのようなプログラムソフトです。

「視力回復なのにゲーム?」 あなたは今、疑問に思ったかもしれませんね。

でも、ご安心下さい。この方法を用いれば、

・目の筋肉をほぐし、疲れを取り除く

・脳の疲れをとり、イメージ力を回復する

・眼球の運動能力を取り戻す ・目と脳の連携機能を高める

・脳内視力を向上させる  など、目だけでなく脳を活性化することであなたの視力を回復へと導きます。

 あなただけでなく、ご家族やご友人の方と一緒に取り組んで頂くことも可能です。

 楽しいプログラムになっていますので、お子様も喜んでチャレンジ下さいます。もちろん、難しい操作はありません。お子様から高齢の方、ゲームの難しい操作が苦手だという方にも問題なく実践していただけるように作られています。

 さらに、視力回復後も継続することで、生涯にわたって、目の健康を維持するサポートができます。早い人なら、実践したその日にも視界が少し明るくなったことを実感したり、集中力の向上、スッキリ感が得られるはずです。 また、わずか数日、遅い人でも数週間もすれば視力が戻ってきたことを実感できるはずです。しかも、この方法は、CDやDVDのディスクが再生できるパソコンが一台あれば

・通院の必要はありません。

・薬も服用しません。

・リスクの高い手術もしません。

・副作用や後遺症の心配もありません。

・1日わずかの時間でできる方法です。

・自宅で、誰でも簡単にできる方法です。

・年齢や性別による効果の差もありません。

 これまで、視力を回復することをあきらめていた人もこのプログラムで見事に回復されています。 つまり、あなたの視力も回復できる可能性が大いに期待できるというわけです。『アイアップ!』 この教材をもっと知りたい方はこちらのページを今すぐご覧になってみてください。そして、一日も早く、メガネやコンタクトから卒業して明るい生活を取り戻して下さい。

     ↓

http://www.infotop.jp/click.php?aid=221535&iid=58844

=========== まずは、無料で以下の特別特典を手に入れて下さい! ==============

 今回、このプログラムにご参加くださる方に先着限定ではありますが、以下の特別なプレゼントをご用意いたしました。

●特別特典1  

 「1日5分の新習慣! 脳の血流改善エクササイズ」 脳の血液、足りていますか?

 脳が血液不足になると、視力の低下だけでなく集中力がなくなったり、記憶力が弱くなったり、何をしても疲れやすく、しかも、その疲れが抜けにくくなります。

 1日5分で手軽にできる、脳の血流改善に役立つ、ノウハウの数々をご紹介。  脳の血流が改善して脳をぐんぐん若返らせましょう。

●特別特典2

 「右脳を活性化させてみるみる視力を回復する方法」 あなたは、右脳派? それとも左脳派?

 視力低下の大きな原因、右脳の「疲れ」と「衰え」を取り除き、視力をみるみる回復させる、常識破りの右脳活性法。

 時間と場所を選ばず、いつでもどこでも右脳を活性化させるもっとも簡単で、もっとも効果的な驚きの右脳活性法を大公開!

●特別特典3

 「自律神経を改善して、目と脳をスッキリさせる7つの方法」

 「自律神経の乱れ」ってどういうコトなの?

 「自律神経失調症」ってどんな病気?

 視力低下の原因の一つでもある、自律神経の基礎知識と、自律神経の乱れを改善するための7つの方法をご紹介。

 自律神経が改善されてオンとオフがしっかりと切り替われば、目や脳はゆっくり休息ができます。 脳と目のパフォーマンスを最大限に発揮するためにも自律神経の改善に取り組みましょう!

 さらに!

●プレミアム特典マニュアル

 視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」マニュアル

 「アイアップ!」は、プログラムソフトを実践して頂くだけでも充分、視力回復が期待できます。 でも……

 もっと理解を深めたい方、もっと視力回復効果を高めたい方、もっと脳の力を引き出したい方、そんな「もっと」にお応えするべく特別限定マニュアルをご用意いたしました。

このマニュアルの一部をご紹介すると、

●なぜ、今までの方法では視力回復できなかったの?

●あなたの視力低下の原因は「脳の疲れ」にある!?

●なぜ、脳が活性化すると視力が回復するのか?

●あなたの知らない、目と脳の意外な関係とは

●視力回復の秘訣は「正しい脳の使い方」にある!?

●脳の疲労を取り除き、活性化させる方法とは?

●脳が変われば、視界も変わる!?

●目のストレスを取り除き、脳をリフレッシュする方法とは

●目の筋肉をほぐし、脳を活性化する方法とは?

●目の動きを改善し、脳との連動を高める方法とは

●脳内視力が低下してしまうその元凶とは?

●右脳を覚醒させるプログラムとは?

●自律神経の乱れからくる、目の疲れとは

●自律神経を改善し視力を回復させる方法とは

●脳を活性化し視力を回復させる「アイアップ!」の秘密とは

*上記の内容はマニュアルのほんの一部です。

 このマニュアルを読んでいただくと「なるほど、そういうことか!」 と、プログラムソフトを実践するだけでは説明しきれなかった視力回復と脳活性のすべての秘密が解明できます。

 「アイアップ!」プログラムの内容についてもさらに深い納得のもとで取り組めるようになるので効果がさらにアップ!します。

 そして、何よりも視力回復への確信と自信が持てるはずです。

 通常で、このマニュアルだけで15800円相当の価値があるものですが、今回特別に無料でプレゼントさせていただきます。

 ただし、先着35名様限定となりますので、お急ぎ下さい。

   ⇒ http://www.infotop.jp/click.php?aid=221535&iid=58844

追伸1:

 本日から3日間限定でスタートする、限定特別価格にてのご提供枠は35名様のみとさせていただきます。

 本当に申し訳ございませんが、プログラムを50%OFFで手に入れられるのは、3日間限定とさせていただきます。 ⇒ http://www.infotop.jp/click.php?aid=221535&iid=58844

追伸2:

 プレミアム特典のテキストマニュアルは「先着35名様」のみの限定特典です。

 プレゼントできる数に限りがありますので、すぐに以下のアドレスをクリックしてお受け取りください。 ⇒ http://kq7.jp/l/m/4vLjdpTcCb08x3

追伸3:

 このメソッドは、視力の回復を目的に開発されたものですが、視力回復以外の目のトラブル、眼精疲労、ドライアイ、緑内障、白内障や老眼などの改善や脳の能力向上も期待できる画期的なプログラムです。

 ⇒ http://www.infotop.jp/click.php?aid=221535&iid=58844

                                          視力向上委員会                                               前田和久

ここまで

 以上のような内容です。

 本日から3日間限定特典ということなので、3月3日(金)までですね。

視力改善は脳にも関係あるんです。

視力改善というと、目と筋肉の機能を鍛えるということ、つまり目の情報収集器官としての機能を鍛えるのが中心になりがちですが、目に入ってきた物体の情報を「脳に認識させる」ことが行われなければ、「物を見る」能力は改善されません。情報収集器官としての目の能力、情報認識作業を行う脳の改善が可能になります。視野の切り替えは意識しなくても、自然にできるようになっています。
 身近な人で、これだけ視力が悪いからよくなるわけない。年だから。といってあきらめている方が多くいらっいますが、正しい方法で取り組むことで視力は改善されます。目と脳が蘇る「リハビリ・トレーニング」といったこともこの教材には書かれています。

裸眼が良いとは

目の健康とは、裸眼視力で良く見えることです。一般的にメガネやコンタクトレンズが普及しているのでだれも疑問を持たないようになってしまっています。間が悪くなっても、メガネやコンタクトという便利なものを利用できます。だからといって近視乱視が進むにまかされればよいと言う訳ではありません。
 メガネやコンタクトレンズは、やむを得ず使っているわけですから、本来眼科医でなくとも、医師免許を持っているものは、国民の健康増進のために最良の方法を提供する義務があるわけですが、目はちょっとした使いかたで、悪くなるどころか良くもなります。
 脳の低下もなく、身体全体が健康であることなんでしょうね。