知って得する目の話

目の疲れをとるアントシアニン

 アントシアニンは、青紫色の色素の成分の一種で、色素本体でフラボノイド化合物のアントシアニジンと、糖が結合した配糖体がアントシアニンとなり、植物が紫外線やウイルスなどの外敵から自らを守るために作り出すもので、体内に発生する活性酸素を制御する強い抗酸化力を持っているのが特徴です。

アントシアニン

 このアントシアニンは、抗酸化作用とともに網膜で光の情報を受け取って脳に送るためのロドプシンという物質を生成します。

 ロドプシンは、網膜の細胞に存在するたんぱく質で、網膜で受け取った光の情報を神経の電気信号に変えて脳に送りますので、人は目が見えると認識します。このロドプシンは、光の刺激を受けると分解され、再合成されて元に戻りますが、目を酷使すると再合成が間に合わなくなって、目の疲れ・かすみ・痛みなどのトラブルが起きます。

 アントシアニンは、ロドプシンの材料になる成分で、ロドプシンの再合成を促進して、眼精疲労や視力を回復する効果があるとされています。この、アントシアニンには血流を改善する効果があり、視神経への血流が促進されることによって、眼圧の上昇を防ぐ効果もあり、眼圧が高まって視神経を圧迫することで起こる、緑内障を予防する効果もあります。

 アントシアニンを多く含む食べものは、ブルーベリーやビルベリー、カシスなどのベリー類に多く含まれて、その他カシス、ぶどう、いちご、ナス、赤字ジソ、黒豆や黒ごまなどにも含まれています。ブルーベリーのアントシアニン色素(水溶性)が目に良い効果があるとされています。

   ブルーベリー

 ブルーベリーは、

 ・眼精疲労改善・・・目の疲労感や目の痛み、ちらつきの改善

 ・光の感受性改善・・視力の改善、識別反応の改善

 ・暗順応改善・・・・暗闇での資格改善

 などの効果があります。

 

 

目に良い食べ物とは

 目にいい栄養素を持っている食物を、バランスよく摂取すること。

 その食べ物は、アントシアニンを含むもの、コンドロイチンを含むもの、ビタミンAを含むもの、ビタミンB群を含むもの、タウリンを含むものです。

 ・アントシアニンを含むものは、

   ブルーベリー   黒豆  

   ブルーベリー   黒豆 

   ぶどう      赤ワイン

   ぶどう   赤ワイン  

   しそ

   しそ

 

 ・コンドロイチンを含むものは、

   オクラ      納豆    

   オクラ   納豆 

   山芋       なめこ

   山芋   なめこ

 

 ・ビタミンAを含むものは、

   うなぎ      にんじん

   うなぎ   にんじん 

    小松菜     レバー

   小松菜 レバー

    しそ      春菊

    しそ  ??

    ピーマン    ほうれんそう

   ピーマン  ほうれんそう

 

ビタミンB群を含むものは、

  ビタミンB1

   豚肉        玄米

   豚肉    玄米  

   うなぎ      ニンニク

  うなぎ  ニンニク

   ピーナッツ    ごま 

   ピーナッツ   ごま  

   大豆

   大豆

 

  ビタミンB2

   卵        納豆

   たまご   納豆 

   牛乳       ほうれんそう

   牛乳   ほうれんそう  

   レバー      うなぎ

   レバー  うなぎ

   干しシイタケ   さば

   干ししいたけ   さば

 

  ビタミンB6

   まぐろ       鶏肉

   まぐろ   鶏肉 

   レバー      バナナ

   レバー   バナナ  

   ニンニク     小麦麦芽

   ニンニク  小麦胚芽

   ピスタチオ

   ピスタチオ

 

  ビタミンB12

   レバー      にしん 

   レバー   にしん

   牡蠣       チーズ

   牡蠣   チーズ

 

タウリンを含むものは、

   サザエ      ホタテ 

   サザエ  ホタテ

   ハマグリ     アサリ

   ハマグリ   アサリ

   イカ       タコ

   イカ  タコ

 

 アントシアニンは、目の中の網膜にあるロドプシンという物質の再合成を助ける働きがあり、目に良い影響を与えます。効能としては、目の焦点を調整する毛様体筋の緊張を和らげ、一時的な近視を防いで、継続的な近視に発展しなくなります。

 コンドロイチンは、目のレンズにあたる水晶体を調整する機能を持った毛様体筋に多く含まれる物質で、コンドロイチンを十分に摂取すれば、毛様体筋の働きも強化され、老眼の改善も期待できます。

 ビタミンAは、不足すると暗い所でよく目が見えなくなる夜盲症(とり目)になりますが、目の乾燥を防ぐ働きがあります。

 ビタミンB群(ビタミンB1,B2、B6、B12)は、目にも多く含まれていて、糖質、たんぱく質、脂質をエネルギーに変える働きがあります。

 タウリンは、目の視神経の中に多く含まれている物質で、外部からの光の刺激を感知してそれを脳中枢へ伝達する働きがあります。

 

 目に良い栄養素は、単体で摂取するのではなく、偏らずバランスよく摂取することによって、各栄養成分の働きが相互に高まります。

 ビタミンB群は、水溶性で体内に貯蓄できないため、毎日しっかり摂取することが重要です。

目と脳の関係

 ものを見るということは、外から入ってきた光(資格情報)は、すべての組織が相互に協力して処理していますので、どれか一つでもうまく機能しないと、ものが良く見えなくなります。

 光は、角膜と水晶体を通過し、その後透明な硝子体を通過して網膜に届きます。網膜に届いた光の状態は、即座に電気信号に変えられ、その電気信号は網膜にはりめぐらされている神経線維をつたわっていき、最終的には視神経を通過し脳に届けられ見やすいように処理してくれます。ですから、目と脳は切っても切れない関係にあります。

眼の構造画像

 視神経は、眼球と脳をつなぐ「ケーブルの役割」をはたしています。視神経がなければ、眼球でとらえた視覚情報は脳まで届きません。ですから、眼球自体が正常でも、視神経の経路上のどこかにトラブルがおきると、視野がかけることがあります。視神経は、脊椎を経由しない神経で、脳に直接つながっている「脳神経」のひとつなのですから、目と脳の連携がうまくいかないと、反応が悪くなり物にぶつかったり、転倒したりしてしまいます。

 ですので、視力低下は、目だけでなく脳との連携が悪くなっているということ。そこで、目と脳の連携を良くすることが大切です。

 視力が低下すると、

 ・集中力の低下

 ・作業効率の低下

 ・肩こりや首のこり

 ・頭痛

 ・疲れが抜けない

 ・不眠

 などの症状も起こります。

 ですので、視力低下は目の病気であるとともに脳の病気でもあるのです。

 目と脳の連携を良くするプログラム「視力回復&脳活性プログラム アイアップ」というプログラムがありますので、一度ご覧になってください。

>>画像をクリック<<

血液をサラサラにするには

 血液をサラサラにするためには、まず食生活を見直すことです。。

 目は、血液がドロドロになると、もっとも影響を受ける器官で、身体においてもっとも繊細な器官です。毛細血管はどの器官よりも細いため、血液がドロドロになるとまず目に血液が回らなくなります。

 したがって、目の健康を守り眼病を予防するには、血液をサラサラにすることがとても重要になります。

   血液サラサラの画像

血液をサラサラにするには

 1.血液をサラサラに保つ食事をとる

 2.血液をドロドロにする食べ物はあまり摂らない

 3.水分を摂る

 4・運動する

 5・身体を温める        などの方法があります。

 

血液をサラサラにする食べ物は

●たまねぎ

 たまねぎ

 「血液サラサラ食品」の代表といわれるたまねぎには、「アリシン」「ケルセチン」といった有効成分が含まれています。アリシンには、血液中の余分なコレストロールを排出したり、血小板の凝固を防いで血栓ができにくくする作用があるといわれています。ケルセチンには、体内の脂肪の吸収を抑制したり、排出するのを助けるはたらきがあります。たまねぎは生で食べたほうが血液サラサラ効果が高いといわれています。

 

●納豆

 納豆

 納豆には、「ナットウキナーゼ」という納豆にしか含まれていない酵素があり、血管にできた血栓を溶かす作用があります。納豆も貴重な血液サラサラ食品です。

 

●人参

 人参

 人参に含まれる「アルファカロチン」「ベータカロチン」は、抗酸化力があるため、血液がドロドロの原因になる活性酸素から身体を守ることができます。また人参に含まれるカリウムには、ナトリウム(塩分)を排出し血圧を下げる働きがあります。

 

●サツマイモ

 さつまいも

 サツマイモには、豊富な植物繊維が含まれていて、ナトリウム(塩分)を吸着する働きがあります。また、ナトリウムを排出する働きのあるカリウムも含まれているため、高血圧の抑制効果があり、ドロドロの血液を予防することができます。

 

●黒酢

 黒酢

 黒酢に含まれる「メラノイジン」には、血行を良くし、コレステロールを低下したり、血糖値降下作用があります。また、血管を柔らかくするヒスチジンが米酢の15倍も含まれています。

 

●青魚類

 イワシ

 イワシ、サバ、サンマ、アジなどの青魚類には、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれており、血中の悪玉コレストロールや中性脂肪を減らす働きがあります。また、血栓の基になる血小板の凝集を防いだり、血圧を下げる働きもあります。

 

●海藻類

 昆布

 昆布やワカメなどの海藻類に含まれるヨードは、新陳代謝を促し、ぬめり成分のアルギン酸には、血糖値の上昇を防いだり、コレストロール値を下げる働きがあります。

 

●その他

 その他の食品としては、にんにく・梅干・お茶・バナナ・ねぎ・緑茶・ウーロン茶・キノコ類・かぼちゃ・黒豆などがあります。

 

 青魚類に含まれているDHAの大きな特徴のひとつは、神経細胞の細胞膜に柔軟性をもたらす働きです。また、軸索の成長促進にも欠かせない成分で、脳・神経系で活発に情報が伝達されるよう働いていて、こうした作用が、脳の活性化や目の網膜からの情報を速やかに脳に伝達することで、視力の維持や回復につながっています。

 DHAの働きはこれだけではなく、細胞の酸化の原因となる活性酸素から神経細胞を守ったり、「サイトカイン」と呼ばれる炎症性物質の過剰生産を抑える働きがあることも報告されています。また、DHAは常温で固まる動物の脂と異なり、-40℃でも液体のままという柔軟性があります。この特性は、赤血球に柔軟性をもたらして、血液をサラサラにしたり、細胞膜を柔らかくしたりとさまざまな効果を生み出しています。DHAは、目と脳を若々しく保ち、血液をサラサラにして生活習慣病を予防する効果が期待できるということです。

 また、「青魚を習慣的に食べると、ドライアイのリスクが軽減される」という報告もあるそうです。目が乾くと疲れ目の原因にもなりますので、DHAのサポートが必要になりますね。

 仕事等で忙しく食事まで手が回らないといわれる人は、サプリメントを上手に活用して目の健康に役立ててください。

なぜ血液がドロドロになるの

 血液がドロドロといわれる状態ですが、もともと、血液にはある程度の粘性があり、正常な範囲であれば、粘性のある状態でも問題なく、血液は体内に栄養と酸素を運ぶことができますが、血液の健康状態が悪くなり粘性が高まると、いわゆる「ドロドロ」状態になります。

   血液ドロドロ状態の画像-300x191

 血液がドロドロの状態は、ダイレクトに目に影響し、目の老化を早めたり、重い病気を引き起こします。最初に現われるのは、目がショボショボする、かすんだり、視界がぼやけたりする眼精疲労の症状ですが、よく起こる症状が目のむくみです。目の健康には、血液の流れとともに、水分の代謝(体内で行われている合成や分解)も深く関わっていて、ドロドロの血液では視力が落ちることもあります。眼精疲労が進行すると、白内障・緑内障・黄斑変性症といった視野や視力に障害が起きる目の病気になります。

 ストレス・運動不足・偏った食事などが続いて全身の血液の流れが悪いと、慢性的なむくみになり、酸素や栄養素が毛細血管の末梢まで届けられず、眼神経や目の細胞が正常に機能しなくなります。また、ストレス・紫外線・喫煙などで白血球が活発になりすぎて、活性酸素を放出するようになると、血液の粘着性が高くなり、そして、血小板の血液を固まらせる働きも強くなって、ドロドロの血液になります。

 

血液がドロドロになる原因は単純なものではなく、いろいろな要因が組み合わさって起こります。

●食べもの

 肉類や油などの脂肪分の多い食べ物や、お菓子・ケーキ・ジュースなどの甘い食べ物や飲み物、これらは体内の中性脂肪を増やします。エネルギーとしてつかわれずに残った糖分は、肝臓で中性脂肪に変えられるため、血液中の中性脂肪も増え、血液がドロドロになってしまいます。また、食べすぎも同じ理由で血液がドロドロの原因になります。

 

●運動不足

 運動が不足すると、体に溜った脂肪や糖分が燃焼されず、どんどん溜り代謝機能も低下するため、体の中に溜った老廃物の回収と排出も滞るようになり、血液がドロドロになります。

 

●ストレス

 強いストレスを受けると、血圧が上昇し、コレストロール値や血糖値が上がり、血液の流れも悪くなり、結果として血液がドロドロになります。

 

●飲酒・喫煙

 過度な飲酒や喫煙は、体を錆びつかせる活性酸素を発生させるほか、コレステロールや中性脂肪を増加させるため、血液をドロドロにします。活性酸素は、飲酒や喫煙の他、紫外線やストレス、環境ホルモンなどの影響も受けやすく、多量に発生すると血液が酸性に傾き、全身の老化を早めます。

 

●水分不足

 汗をかいたりして、体の水分が不足してくると、血液中の水分も不足し、血液がドロドロの状態になります。暑い時期や風邪で熱を出したときなど、脱水症状を起こしやすいときは、血液もドロドロになっています。

 

 ドロドロの血液が引き起こす症状は、高血圧、動脈硬化、肝臓病、頭痛・物忘れ、冷え性・肩こり・腰痛、肌のくすみ・シミ・シワ、その他(目の疲れや視力低下、疲れやすくなる、集中力や思考力が低下する、立ちくらみ、月経不順、月経痛、足のむくみ、抜け毛、不眠など、さまざまな症状の原因になります。)

 

これらは、目の健康だけでなく、健康維持のためにも大切なことですので、普段から気をつけるようにしましょう。

コレストロール値と目の健康

 自分のコレストロール値を知っていますか?

 中性脂肪が増えすぎると酸化LDLコレストロールが増える原因となり、増加しすぎると血管に溜って動脈硬化を信仰させてしまいます。LDLコレストロール値は日によって増減しますが、長期間にわたり基準値を超えている、あるいは高コレストロール血症など病気を抱えている人は食事によるコントロールが必要です。

 正常なコレストロール値は、総コレストロール 150~199、LDL 70~119、中性脂肪 50~149、HDL 40以上です。

   コレストロール

 血中コレストロールと目の健康は大いに関係があります。起きている間、常に働き続けている目は大量の栄養を必要としています。そして、その栄養を運んでいるのが血液です。

 血液がドロドロになり、血流が悪くなると目に運ばれてくる栄養素が不足して、その結果、目がショボショボしたり、かすんだり、ぼやけたりと、眼精疲労の症状が現れてきます。

 また、それがひどくなると緑内障や白内障など、さらに重篤な病気へと進行してしまう恐れがあります。ですから、ドロドロの血液を放っておくのは目のためにも良くありません。血液をサラサラににするためには、青魚や豆腐などの食品をバランスよく食べることですが、特定の食品に偏らないようにしましょう。

かすみ目は「疲れ目」のサインかも

 かすみ目とは、文字通り物がかすんで見える状態をいいます。症状がひどい場合には、肩こりや頭痛を併発するケースもあります。

   かすみの画像

かすみ目の原因は大きく3つあります。

・1つ目は「加齢」による目のかすみ。

 年をとるにつれて、ピントの調整機能が衰えてしまい目のかすみが起きます。

・2つ目は「病気」によるかすみ目

 白内障や緑内障、ドライアイ、糖尿病など、病気が原因でかすみ目が起こることもあります。

・3つ目は「疲れ目」によるかすみ目

 よくあるのが、テレビやパソコン画面など長時間近くを見続けたりすると、水晶体や毛様体の筋肉に緊張状態が続き、目のピント調整機能が極度に低下します。また、目を酷使することで、視細胞の中に存在するロドプシンという物質の再合成が追いつかなくなることもかすみ目の大きな要因となります。放っておくと、物が見えづらくなったりする症状が慢性化して、眼精疲労も進んでしまいます。

 かすみ目を予防するためには、睡眠や休息をとってしっかり目を休ませること。そして、目の栄養補給を意識的に行うことです。

 かすみ目の予防には、とくにカシスやベリー類、ルテインを多く含む食品が有効で、毎日適量を補給するには、サプリメントを利用すると手軽で便利だそうです。

アンチエイジングなビタミンの話。

 アンチエイジングのビタミンとは? ビタミンB2。 

 ビタミンB2とは、糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変える酵素の補酵素として働きます。とくに成長期の子どもには、必須のビタミンとして有名ですが、最近の研究では動脈硬化や老化の原因となる「加酸素脂質」の成長を抑えて予防してくれる効果もあることも分かってきています。

 今の言葉で言うと「アンチエイジング」。また、粘膜を保護する働きがあり、「目」、舌、唇などの粘膜の健康にも大きく影響します。

 ビタミンB2の摂取をとくに意識していただきたい方は、

 ・脂肪分の摂取が多い方

 ・疲れ目の気になる方

 ・成長期のお子様

 ・角膜炎になりやすい方

 ・動脈硬化やガンが気になる方

 ・白内障の予防をしたい方

 ・妊娠中の方

 もちろん、それ以外の方も必要な栄養素ではありますが、ここにあげた人は、とくにビタミンB2不足にならないようにしてください。また、良質なサプリメントなどを利用して、フォローするなど気をつけてください。

最近こんな症状に心当たりありませんか?

ビタミンB群

●疲労感が続く

●肩こりがひどい

●目が疲れる

●よく、口内炎になる

●物忘れが気になる

●目の周りが重たい感じがする。

●常に眠気がある

●寝つきが悪い

●焦燥感がある

●イライラしやすい

 もしも、この内の2つ以上に心当たりがあるのなら、あなたはビタミンB群不足かもしれませんね。

 ビタミンB群といえば、ご存知の方も多いと思いますが、目に必要な栄養素の筆頭格。また、脳の健康にも必要不可欠な栄養素です。ビタミンB群が不足する代表的な病気は「脚気(かっけ)」さらにひどくなると、神経、心臓、脳に異常が起こります。

 そして、視力低下や眼精疲労、その他、さまざまな目のトラブルを引き起こしてしまいますので、ビタミンB群不足の解消に努めてくださいね。

ストレスは大敵

ストレス感じる

 ストレスは美容にも大敵です。ストレスの負荷が大きくなると、まずビタミン類が著しく消費され、普段なら十分足りている量を摂っていても、ストレスによって使われてしまいます。その結果、肌荒れしたり風邪をひきやすくなったりします。とくに必要なのがビタミンCです。

 ストレスが高まると、ビタミンCは体のあちこちで必要とされて、すぐになくなってしまう栄養素でもあるんですね。

 ストレスを感じたときは、目と心の健康、そして美容のためにビタミンCの豊富な食材を意識的に摂るように心がけましょう。