視力回復ひろくんブログ

目の疲れをとるアントシアニン

 アントシアニンは、青紫色の色素の成分の一種で、色素本体でフラボノイド化合物のアントシアニジンと、糖が結合した配糖体がアントシアニンとなり、植物が紫外線やウイルスなどの外敵から自らを守るために作り出すもので、体内に発生する活性酸素を制御する強い抗酸化力を持っているのが特徴です。

アントシアニン

 このアントシアニンは、抗酸化作用とともに網膜で光の情報を受け取って脳に送るためのロドプシンという物質を生成します。

 ロドプシンは、網膜の細胞に存在するたんぱく質で、網膜で受け取った光の情報を神経の電気信号に変えて脳に送りますので、人は目が見えると認識します。このロドプシンは、光の刺激を受けると分解され、再合成されて元に戻りますが、目を酷使すると再合成が間に合わなくなって、目の疲れ・かすみ・痛みなどのトラブルが起きます。

 アントシアニンは、ロドプシンの材料になる成分で、ロドプシンの再合成を促進して、眼精疲労や視力を回復する効果があるとされています。この、アントシアニンには血流を改善する効果があり、視神経への血流が促進されることによって、眼圧の上昇を防ぐ効果もあり、眼圧が高まって視神経を圧迫することで起こる、緑内障を予防する効果もあります。

 アントシアニンを多く含む食べものは、ブルーベリーやビルベリー、カシスなどのベリー類に多く含まれて、その他カシス、ぶどう、いちご、ナス、赤字ジソ、黒豆や黒ごまなどにも含まれています。ブルーベリーのアントシアニン色素(水溶性)が目に良い効果があるとされています。

   ブルーベリー

 ブルーベリーは、

 ・眼精疲労改善・・・目の疲労感や目の痛み、ちらつきの改善

 ・光の感受性改善・・視力の改善、識別反応の改善

 ・暗順応改善・・・・暗闇での資格改善

 などの効果があります。