視力回復ひろくんブログ

目に悪い食べ物とは

 食事が酸性食品に偏りすぎると近視になりやすいといわれているそうです。

 その理由は、血液が酸性化することで、角膜や水晶体の調節機能をもつ毛様体筋に影響を及ぼすからです。また、目を悪くするだけではなく、生活習慣病を引き起こすこともあるので注意が必要です。

 そこで、目に悪い食べ物とは、糖分・乳製品・酸性食品です。

 

 糖分は、糖分を代謝しようとするビタミンB1が必要になりますが、糖分をとりすぎると本来身体に必要なビタミンB1まで使われてしまい、ビタミンB1が不足して視神経が炎症を起こしやすくなり、視力低下の原因になってしまいます。

   砂糖

 糖分が多く含まれる食べ物は、米・麺類・パン・ケーキ・大福・アイスクリーム・ジュースなどです。

 

 乳製品は、体に必要な成分を多く含んでいて、通常の摂取では問題がありません。加工された乳製品にはガラクトースという成分が含まれていて、そのまま吸収されると、目の水晶体にたまり白内障の原因となります。

   チーズ

 乳製品の食べ物は、牛乳・チーズ・ヨーグルトなどです。

 

 酸性食品は、通常弱アルカリ性に保たれている私たちの体ですが、食事が酸性食品に偏ってしまうと、血液中のアルカリ濃度が低くなり、血液がドロドロ状態になってしまいます。その結果、血圧上昇や高コレストロール症を招きやすくなるほか、目の角膜や水晶体を調整している毛様体筋の働きを弱めてしまい、視力低下や老眼、疲れ目の原因となります。

   焼き肉

 酸性食品の食べ物は、肉類・魚類・卵黄・チーズ・バター・ビール・砂糖・パン・穀類・菓子類・加工食品などですが、油類のとりすぎも目の健康には良くありません。

 意外なところでは、体に良さそうなワインや酢・スポーツ飲料なども酸性の強い食品です。また、フルーツの実もかなり酸性の強い食品だそうです。

 

 糖分、乳製品、酸性食品は、視力低下につながるので食べてはいけないというものではなく、緑黄色野菜・根菜類・豆類などの食物を意識して、バランスよく食べることが必要です。