視力回復ひろくんブログ

メガネ・コンタクトのメリットとデメリット

視力が低下すると、メガネやコンタクトを使用するようになりますね。

今日は、メガネやコンタクトのメリット・デメリットについて調べてみました。

メガネとコンタクト

メガネのメリットとデメリット

メリットデメリット

・目に対する負担が少ない

・眼球に指が降れないので衛生的

・眼球を傷つける心配がない

・眼鏡をかける練習は必要ない

・レンズの消毒などは必要ない

・メガネをかけることでの渇きや異物感はない

・眼鏡が原因で目が痛くなることなない

・忘れることがあっても紛失はしにくい

・正面から飛んでくるもの小さなものが目に調節はいるのを防いでくれる

・目の病気でもメガネをかけることができる

・装用時間や使用期限がない

・3ケ月毎に診察する必要なない

・アレルギーが出ることはない(フレームが特殊な素材の場合は出ることもある)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・フレームが邪魔で視野が狭い

・メガネのレンズ部以外は裸眼状態になるため、ピントがずれて視界が歪み頭痛やストレスの原因となる

・壊れると、代わりのメガネができるまで日常生活に支障ができる

・スポーツの時などに汗をかくとずれる

・度が強いとレンズが厚くなり、重いメガネになる

・度数が大きいと実際より大きく見えたり、小さく見えたりする

・左右の目に差があると、右目の見え方と左目の見え方で差が出る

・近視が強いと目の大きさが小さく見え、遠視だと逆に大きく見える

・視線がレンズの中心から大きくずれると、物が実際の場所とずれて見える

・レンズ特有のボケや歪み、色のにじみや像の端が色づいて見えることがある

・円錐角膜やある種の乱視ではメガネでは視力だ出ない

・雨の日にレンズに水滴がつき見づらくなる

・気温差があると室内に入った時などにレンズが曇る

・睫毛が長いとレンズに触れる。マスカラなど睫毛を長くする化粧が難しい

・メガネをしたままだと化粧ができない。はずすと見えない

・帽子をかぶるときじゃまになる

・似合うメガネを探すのが難しい

 

■コンタクトのメリットとデメリット

メリットデメリット

・眼球全体をレンズが覆うため、視界の歪がない

・メガネのようにレンズが曇らないのでストレスが少ない

・左右の視力が大きく異なる人にはコンタクトの方が視力矯正に適している

・じゃまなフレームがないので視野が広い

・ソフトレンズなら大丈夫。ハードレンズでも多くな衝撃がなければ装用可能

・汗をかいてもずれることはなく、重さも感じません。もちろん度の強さも関係ありません

・目の上に直接乗せるので、網膜上の縮小や拡大はほとんど起こらないため、物の大きさも自然に見えます

・プリズム作用はほぼ問題になりません

・収差もほぼ問題になることありません

・コンタクトを装用すると、角膜とレンズのすきまが涙でうまり、あたかも一つのレンズのようになります。

・雨が降っても大丈夫

・正常なコンタクトが湿度の変化で曇ることはありません

・コンタクトをしていても化粧ができます

・コンタクトをしているか他の人からはわかりません

 

 

 

 

 

・装着時に眼球に触れるため感染症を起こすことがある

・酸素透過性の低いレンズだと角膜の細胞に酸素が届かず白内障になるリスクが高まる

・レンズによって眼球を傷つける恐れがある

・手術や出産時にはコンタクトを外さなければいけない(メガネが必要となる)

・脱着に練習が必要となる

・一日使い捨てレンズ以外はお手入れが必要です

・ハードレンズの下にゴミが入ると痛いです。ソフトレンズの場合は、レンズが大きくあまり動かないので入りにくいが、入っても痛みを感じにくく、傷がついてしまうことがある

・装用中に落ちたり、洗浄中に流してしまったりで、紛失する可能性が常にある

・連続装用レンズ以外は、寝る前にははずさないといけない

・外来物から目を守る力はメガネに劣ります

・目の病気の時は基本的にはコンタクトの装用はできませんが、ただし、角膜の病気などで治療としてレンズを装用することもあります

・一日の装用時間、開封してからの使用期限があり厳重に守らないといけません

・定期的な検査が必要で少しでも異常を感じたら、早めの眼科受診が大切です

・コンタクトは自分の体ではない遺物で、レンズには必ず汚れがつきます。体質的に敏感な方はアレルギーが出る可能性があります

 

以上のような、メリットとデメリットがあります。

目の健康を考えるには、メガネとコンタクトを併用するのがいいでしょう。