視力回復ひろくんブログ

目と脳の関係

 ものを見るということは、外から入ってきた光(資格情報)は、すべての組織が相互に協力して処理していますので、どれか一つでもうまく機能しないと、ものが良く見えなくなります。

 光は、角膜と水晶体を通過し、その後透明な硝子体を通過して網膜に届きます。網膜に届いた光の状態は、即座に電気信号に変えられ、その電気信号は網膜にはりめぐらされている神経線維をつたわっていき、最終的には視神経を通過し脳に届けられ見やすいように処理してくれます。ですから、目と脳は切っても切れない関係にあります。

眼の構造画像

 視神経は、眼球と脳をつなぐ「ケーブルの役割」をはたしています。視神経がなければ、眼球でとらえた視覚情報は脳まで届きません。ですから、眼球自体が正常でも、視神経の経路上のどこかにトラブルがおきると、視野がかけることがあります。視神経は、脊椎を経由しない神経で、脳に直接つながっている「脳神経」のひとつなのですから、目と脳の連携がうまくいかないと、反応が悪くなり物にぶつかったり、転倒したりしてしまいます。

 ですので、視力低下は、目だけでなく脳との連携が悪くなっているということ。そこで、目と脳の連携を良くすることが大切です。

 視力が低下すると、

 ・集中力の低下

 ・作業効率の低下

 ・肩こりや首のこり

 ・頭痛

 ・疲れが抜けない

 ・不眠

 などの症状も起こります。

 ですので、視力低下は目の病気であるとともに脳の病気でもあるのです。

 目と脳の連携を良くするプログラム「視力回復&脳活性プログラム アイアップ」というプログラムがありますので、一度ご覧になってください。

>>画像をクリック<<