視力回復ひろくんブログ

コレストロール値と目の健康

 自分のコレストロール値を知っていますか?

 中性脂肪が増えすぎると酸化LDLコレストロールが増える原因となり、増加しすぎると血管に溜って動脈硬化を信仰させてしまいます。LDLコレストロール値は日によって増減しますが、長期間にわたり基準値を超えている、あるいは高コレストロール血症など病気を抱えている人は食事によるコントロールが必要です。

 正常なコレストロール値は、総コレストロール 150~199、LDL 70~119、中性脂肪 50~149、HDL 40以上です。

   コレストロール

 血中コレストロールと目の健康は大いに関係があります。起きている間、常に働き続けている目は大量の栄養を必要としています。そして、その栄養を運んでいるのが血液です。

 血液がドロドロになり、血流が悪くなると目に運ばれてくる栄養素が不足して、その結果、目がショボショボしたり、かすんだり、ぼやけたりと、眼精疲労の症状が現れてきます。

 また、それがひどくなると緑内障や白内障など、さらに重篤な病気へと進行してしまう恐れがあります。ですから、ドロドロの血液を放っておくのは目のためにも良くありません。血液をサラサラににするためには、青魚や豆腐などの食品をバランスよく食べることですが、特定の食品に偏らないようにしましょう。