視力回復ひろくんブログ

目に良い栄養素、ビタミンB12

 ビタミンB12は、タンパク質の代謝に重要な働きをするだけでなく、葉酸と協力して赤血球が正常に生まれるのを助けるという作用があります。

 ビタミンB12

 ですから、このビタミンB12が不足すると、悪性貧血の症状が現れます。具体的な症状では、動悸、息切れ、だるさ、めまいなどです。また、イライラや集中力の低下、神経過敏や不眠症、気持ちがふさぐなどの心理的な症状もビタミンB12不足の典型的な症状になります。

 また、ビタミンB12は、ピント調整を行う目の筋肉に働きかけて、目の疲れなどに効果を発揮するといわれ、目薬にも定番の栄養素として含有されている。目に必要不可欠なビタミンの1つです。

 また、神経痛、筋肉痛、悪性貧血などでもお悩みの方は、ビタミンB12不足を疑ってください。ビタミンB12は、レバーなどの肉類、カキ、サンマ、あさりなどの動物性食品にしか含まれていません。つまり、菜食主義の方や肉類の少ない方は不足しがちな栄養素です。