視力回復ひろくんブログ

目に良い栄養素、ビタミンB6

 ビタミンB6は、タンパク質の代謝に深く関わっているそうです。

 ビタミンB6

 人間は、摂取したタンパク質を分解し、アミノ酸を生成します。そのとき、一部のアミノ酸の合成をサポートするのが、ビタミンB6の主な役割です。

 とくに、ビタミンB6は、皮膚や髪の毛、歯を健康にする効果や成長を促進する効果があるほか、精神の働きを正常に保つ効果があります。別名「神経のビタミン」ともいわれ、大脳の刺激伝達物質や、生成に必要な栄養素であり、目と脳をつなぐ神経の形成にも大きく関わっています。

 ビタミンBが欠乏すると、皮膚炎、口内炎、湿疹やじんましんなどの症状のほか、精神が不安定になったり、ささいなことでもすぐ興奮したり、イライラする兆候が見られます。もしも、あなたがこのような症状に思い当たるなら、ビタミンB6不足を疑ってみるといいかもしれません。

 ビタミンB6は抗生物質と相性が悪いことでも知られています。風邪などの症状で抗生物質の処方を受けている場合は、いつもよりB6が欠乏しがちな状態といえます。普段よりも意識して多く摂取するか、サプリメントで補うようにしたらいいでしょう