視力回復ひろくんブログ

スマホは視力低下の原因か?

 スマートホンは、仕事にもプライベートにも非常に便利なツールです。でも、スマートホンやタブレットを見ることが視力の低下を招くということではなく、目をほとんど動かさず小さな画面を見続けることが目にも大きな負担になります。長時間、近い距離を見続けることが、目の筋肉へ過度な負担を与え眼精疲労が溜り視力が低下します。

   スマホ使用画像

 軽く目を閉じて眼球を上下左右に動かしたりして、目の筋肉のストレッチを行うなどするといいでしょう。目を休ませる時などは、可能なら遠くを見ればより効果的です。画面から出ているブルーライトも問題ですが、この対策としてブルーライトをカットする眼鏡を使用したり、ブルーライトをカットしてくれるフィルムを貼るなどすればいいでしょう。粗悪品もあるので、購入の時は注意が必要です。

    目の筋肉をほぐし、目と脳の連帯機能を高めるメソッド ⇒ 「視力回復アドバンスメソッド」

 また問題は画面を見ることではなく、画面を見る時の姿勢です。とくにスマホやタブレットを使い始めてから、首や肩のこりがひどくなったように思う人は要注意です。スマートホンなどの操作でうつむき姿勢になることが多い「首の猫背」といわれるストレートネックという症状になりやすくなります。 

           スマホの姿勢

 ストレートネックは、スマートホン利用者の急激な増加が原因で増えてきていますが、本来は前方向に弯曲しているはずの頚椎が、文字通り「まっすぐ」になってしまう状態です。頭痛やめまい、肩こりなどのほか神経系の圧迫によって自律神経失調症など、様々な症状を発症します。

   ストレートネック

 また、目の神経も圧迫されたり血の流れも悪くなったりして、目の健康にも大きな影響をもたらします。「画面を見る」ことと「目が悪くなる」ことは別なのです。

 このストレートネックを解消すれば、肩や首のこりをはじめ多くの症状が改善されるはずです。そして、目の神経や血流も改善され、うまくいけば視力も少し取り戻せるはずです。