視力回復ひろくんブログ

レーシックは誰でも受けられるのでしょうか

 レーシック手術は、お金を払えばだれでも受けられる手術ではなく、10人に1人ぐらいは不適合になり「手術はできません。」といわれているようです。

レーシックできません

その基準は、医師の判断や手術の種類によって異なるようですが、おおむね以下のような理由だそうです。

●18歳未満

 まだ成長途中の可能性があり、さらに視力低下が進む可能性があるため。

●あまりにも強い近視や乱視

 いわゆる強度近視です。強度近視は、不適合と判断されるケースが多いそうです。

●角膜厚みが足りない

 レーシックは、角膜を削って視力を出す手術なので、削るほどの角膜がない場合は、不適合となります。

●角膜の形状が正常ではない

 角膜が正常な形、厚み、丈夫さを持っていないと手術はできません。

●目の病気を患っている

 網膜剥離や白内障、緑内障、角膜炎、結膜炎などこれらの症状がある場合は、不適合となります。

●妊娠中、授乳中

 使用する目薬などの成分が、母体や母乳に与える影響が不明なため。

●全身に重篤などがある方

 糖尿病、膠原病などがある方は、不適合となります。

 

 レーシックはそれだけ危険な手術をするわけですので、慎重になるのは当然ですね。ですが、どうしても手術をしたいという方もいらっしゃるようですが、コンタクトレンズをつけている方は、適応検査を受ける前の準備が必要になるようです。

 まず、つぶれていた角膜を元にもどす必要があります。もし、圧迫されたまま、角膜の厚みを削ったとすると、手術のときに削りすぎて、矯正しすぎたり、または削る角膜が少ないと判断されで手術ができません。まず、三日前から使用中止します。また、ハードコンタクトレンズを使用している方は、検査二週間前から使用を中止します。そうして病院で受ける問診などを受けるわけですが、その間は日常生活に支障をきたしますね。

 適応検査の問診では、コンタクトレンズの使用期間について質問され、次に、角膜屈託度、角膜曲率半径測定が行われます。次に、視力測定(裸眼時と矯正時)が行われ、暗所瞳孔径測定をされるようです。もし、ウェーブフロントレーシックを受けるなら、波面収差測定があるようです。そして、最後に角膜厚測定があります。

   レーシック検査問診

 

でも、もしもここに

・目に負担や危険もなく

・副作用も合併症などの後遺症に悩まされない

・早い人ならわずか数日で効果が期待できる   

そんな画期的な視力回復方法があったとしたら・・・  あなたは、それでもレーシックを受けますか。

悩む前に、こちらをご覧になってみてください。販売者 株式会社 アイリス の商品です。

「視力回復 アイスマイル1.0」

「視力回復 アドバンスメソッド」

「視力回復&脳活性プログラム アイアップ!」

「視力回復 3ミニッツ」

 

大人も子供も自宅で簡単!視力回復トレーニング 概要

ショップ名 ショップひろくん
代表者 森 廣光
所在地 〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4804-1
メール shop-hirokun@hi3.enjoy.ne.jp
受付時間 メールは24時間随時受付
定休日 不定休
業務内容
  • アフィリエイト商品の販売
  • 視力回復3ミニッツ
  • 視力回復アドバンスメソッド
  • 視力回復&脳活性プログラムアイアップ
URL http://www.shop-hirokun.com/

自宅で少しの時間で簡単に出来る視力回復トレーニングDVD

自宅でちょっと時間が空いたときなど、普段の生活に組み込める簡単なトレーニングだからこそ継続することができ、大人から子供まで多くのお客様の口コミ・喜びの声につながっております。視力低下や目の疲れでお悩みの方はこの機会にぜひアイスマイルをお試しください。