視力回復ひろくんブログ

レーシックの副作用「その他」

 副作用は、「ドライアイ」「ハロ」「グレア」の他に次のようなものがあるようです。

 

夜間視力の低下

 人間は暗闇ではより多くの光を手を入れようとするために黒目を大きくします。しかし、レーシックで矯正された部分を超えてしまうほどに黒目が開いてしまった場合は、本来眼の調整力として見開いた黒目ほどの光が得られません。そのため、矯正された黒目の範囲の矯正視力しか得られないために、個人差はあるようですが、夜間視力の低下という症状が出る可能性があるそうです。

 

白目の充血

 これも出る人が多くいるようですが、手術の後遺症として、一時的に白目の部分に赤い血溜りが生じてしまいます。これは、手術にレーザーを使う影響で充血しますが、その血が一カ所に溜ることで表れるようです。

 

日内変動

 手術後にまだフラップなどが落ち着いていないために、視力が日内変動することがあり、特に最初の時期は眼が疲れやすく、疲れると見えにくくなる可能性があり、そのため、術後しばらくは眼を酷使しないことです。

 

フラップ不良

 フラップ作成時に、フラップが切れることや、フラップに歪が生じることがあり、これは特にレーシックにおいてマイクロケラトームを使用していたときに起こることが多かったそうです。イントラレーシックになってからは、より減少しているみたいです。

 

角膜混濁(かくまくこんだく)

 角膜が白く濁ってしまい、視界が白いカーテンに包まれたようになってしまうのがこの現象で、エピレーシックやPRK、LASEKなどのフラップを薄く作る(もしくは作らない)タイプの手術の際に起きやすいそうです。これらの術式は将来的にはフラップがなくなるそうですが、一時的に薄く存在していたりし、それが紫外線に反応してしまい、白く濁るそうです。

 

サハラ砂漠症候群

 フラップの下に砂漠様のような混濁が見られる合併症で、角膜混濁の白濁りとは違って、砂漠様になるという特徴があり、原因は完全に特定されているわけでなく、術後の点眼薬に対する反応や角膜炎が理由だといわれているようです。

 

合併症には、高い確率で発症するものから低確率のものまで様々あるようですね。