視力回復ひろくんブログ

レーシックの副作用「ハロとグレア」

 「ハロ」「グレア」は、レーシックの代表的な合併症です。

 これは、治療によって矯正した部分と、そうでない部分から入ってくる光が乱反射を起こすことによって起きる現象です。これも個人差があるようです。

 「ハロ」という現象は明るい光源がにじんで見えたり、ぼんやりとモヤがかかって見えたりする現象です。

 「グレア」という現象は、夜、強い光を見るといつも以上にまぶしく感じてしまうという現象です。

ハロとグレア

 さらに、「スターバスト」という現象もあって、これは明るい光源の周囲にさらに星の形のように光が大きく見えるという現象です。

 また、夜特に色の識別をするのが難しく感じ、コントラストが低下してしまうという副作用もあり、このように、夜間に光による視界のブレがおきたりする症状もあるようです。

 この他に、夜昼問わず起きる「ゴースト」ですが、これは物が二重に見える症状です。個人差はあるようですが、夜間の外出や車の運転には危険が伴うことがありますので、視力が戻っても別の症状で日常生活に支障が出ては困りますね。

 これらは、手術後数カ月から1年ぐらいの間に落ち着く(改善される)といわれていますが、それも確実ではないのです。

 このような副作用で悩まされたり、「レーシック難民」で検索した方々のように、一生不自由な生活を余儀なくされたりするようなレーシック手術をしますか。それとも安全な方法で視力を回復してみますか。それはあなたの自由ですが・・・。どちらを取りますか?