視力回復ひろくんブログ

レーシックの副作用「ドライアイ」

 レーシックは、非常にデリケートな器官の眼球にメスを入れて削るのですから、当然「リスク」も「副作用」もあると考えるべきですね。

 レーシック手術の副作用で一番多いのが「ドライアイ」です。

  ドライアイ

 ドライアイは、レーシックをする前から症状がある人もいるかと思いますが、レーシック手術では、レーザーの角膜の神経をたくさん切断(その際に、涙腺も)するために、涙の分泌が抑制されて目が乾きやすくなると考えられています。

 中には症状が出ない人もいるようですが、これは、各個人の涙腺から出る涙の量に関係していると考えられています。もともとドライアイ気味の人は、涙の量が少ないと考えられていて、そのため、レーシック手術で涙腺を焼き切ってしまうと、一時的に激しく症状が出ることがあります。

 もともと、ドライアイの人だけでなく、今まで症状が出なかった人も、レーシック手術後にドライアイに悩まされる人は多いようでが、これも個々の差が大きく出てくるようです。