視力回復ひろくんブログ

視力改善は脳にも関係あるんです。

視力改善というと、目と筋肉の機能を鍛えるということ、つまり目の情報収集器官としての機能を鍛えるのが中心になりがちですが、目に入ってきた物体の情報を「脳に認識させる」ことが行われなければ、「物を見る」能力は改善されません。情報収集器官としての目の能力、情報認識作業を行う脳の改善が可能になります。視野の切り替えは意識しなくても、自然にできるようになっています。
 身近な人で、これだけ視力が悪いからよくなるわけない。年だから。といってあきらめている方が多くいらっいますが、正しい方法で取り組むことで視力は改善されます。目と脳が蘇る「リハビリ・トレーニング」といったこともこの教材には書かれています。