視力回復ひろくんブログ

メガネレンズの寿命は?

 最近のメガネレンズの主流は、プラスチック素材のレンズです。紫外線を吸収することで透明度が低下し、いくら固いコートを施していても、レンズ表面に付着する砂や埃でレンズ表面に細かい傷が入り、それが原因でコートの隙間に水などが入り、コート剥げの原因になり、最後は、乱反射を起こし目の疲れにつながります。
 一度作ったら長く使おうと思ってもよくもって3年です。上手に使っても5年に一度はレンズを交換したほうが良いそうです。
 視力は日々変化しています。特に、老眼は3年に一度は見直しをした方が良いそうですが、「視力は回復できないんじゃないか?」とあきらめずに、このページにある教材で、視力回復にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。