視力回復ひろくんブログ

ブルーライトに注意

パソコンやスマホ、タブレット末端から発しているブルーライト。このブルーライトに気を使っている人はあまり多くいないのではないのでしょうか。このブルーライトを長時間浴びていると、人体に影響があると言われています。
 ブルーライトとは、波長が380mm~495mmの青色光のことをいい、目に見える光の中では最もエネルギーが強いため、長時間のデジタル末端の使用には注意が必要です。
 ブルーライトは他の色と比べて光の波が小さく細かいため、空中のチリやほこりによって散乱してしまい、その影響がパソコンやテレビの画面のブレやチラつきとして表れるため、私たちの目はピントを合わせようとして働き、その結果、目の筋肉や視覚を認識する脳が疲れてしまい、目の疲れや眼精疲労の原因になりますので、このブルーライトには注意しましょうね。