2017年02月

レーシックは誰でも受けられるのでしょうか

 レーシック手術は、お金を払えばだれでも受けられる手術ではなく、10人に1人ぐらいは不適合になり「手術はできません。」といわれているようです。

レーシックできません

その基準は、医師の判断や手術の種類によって異なるようですが、おおむね以下のような理由だそうです。

●18歳未満

 まだ成長途中の可能性があり、さらに視力低下が進む可能性があるため。

●あまりにも強い近視や乱視

 いわゆる強度近視です。強度近視は、不適合と判断されるケースが多いそうです。

●角膜厚みが足りない

 レーシックは、角膜を削って視力を出す手術なので、削るほどの角膜がない場合は、不適合となります。

●角膜の形状が正常ではない

 角膜が正常な形、厚み、丈夫さを持っていないと手術はできません。

●目の病気を患っている

 網膜剥離や白内障、緑内障、角膜炎、結膜炎などこれらの症状がある場合は、不適合となります。

●妊娠中、授乳中

 使用する目薬などの成分が、母体や母乳に与える影響が不明なため。

●全身に重篤などがある方

 糖尿病、膠原病などがある方は、不適合となります。

 

 レーシックはそれだけ危険な手術をするわけですので、慎重になるのは当然ですね。ですが、どうしても手術をしたいという方もいらっしゃるようですが、コンタクトレンズをつけている方は、適応検査を受ける前の準備が必要になるようです。

 まず、つぶれていた角膜を元にもどす必要があります。もし、圧迫されたまま、角膜の厚みを削ったとすると、手術のときに削りすぎて、矯正しすぎたり、または削る角膜が少ないと判断されで手術ができません。まず、三日前から使用中止します。また、ハードコンタクトレンズを使用している方は、検査二週間前から使用を中止します。そうして病院で受ける問診などを受けるわけですが、その間は日常生活に支障をきたしますね。

 適応検査の問診では、コンタクトレンズの使用期間について質問され、次に、角膜屈託度、角膜曲率半径測定が行われます。次に、視力測定(裸眼時と矯正時)が行われ、暗所瞳孔径測定をされるようです。もし、ウェーブフロントレーシックを受けるなら、波面収差測定があるようです。そして、最後に角膜厚測定があります。

   レーシック検査問診

 

でも、もしもここに

・目に負担や危険もなく

・副作用も合併症などの後遺症に悩まされない

・早い人ならわずか数日で効果が期待できる   

そんな画期的な視力回復方法があったとしたら・・・  あなたは、それでもレーシックを受けますか。

悩む前に、こちらをご覧になってみてください。販売者 株式会社 アイリス の商品です。

「視力回復 アイスマイル1.0」

「視力回復 アドバンスメソッド」

「視力回復&脳活性プログラム アイアップ!」

「視力回復 3ミニッツ」

 

大人も子供も自宅で簡単!視力回復トレーニング 概要

ショップ名 ショップひろくん
代表者 森 廣光
所在地 〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4804-1
メール shop-hirokun@hi3.enjoy.ne.jp
受付時間 メールは24時間随時受付
定休日 不定休
業務内容
  • アフィリエイト商品の販売
  • 視力回復3ミニッツ
  • 視力回復アドバンスメソッド
  • 視力回復&脳活性プログラムアイアップ
URL http://www.shop-hirokun.com/

自宅で少しの時間で簡単に出来る視力回復トレーニングDVD

自宅でちょっと時間が空いたときなど、普段の生活に組み込める簡単なトレーニングだからこそ継続することができ、大人から子供まで多くのお客様の口コミ・喜びの声につながっております。視力低下や目の疲れでお悩みの方はこの機会にぜひアイスマイルをお試しください。

レーシックの副作用「その他」

 副作用は、「ドライアイ」「ハロ」「グレア」の他に次のようなものがあるようです。

 

夜間視力の低下

 人間は暗闇ではより多くの光を手を入れようとするために黒目を大きくします。しかし、レーシックで矯正された部分を超えてしまうほどに黒目が開いてしまった場合は、本来眼の調整力として見開いた黒目ほどの光が得られません。そのため、矯正された黒目の範囲の矯正視力しか得られないために、個人差はあるようですが、夜間視力の低下という症状が出る可能性があるそうです。

 

白目の充血

 これも出る人が多くいるようですが、手術の後遺症として、一時的に白目の部分に赤い血溜りが生じてしまいます。これは、手術にレーザーを使う影響で充血しますが、その血が一カ所に溜ることで表れるようです。

 

日内変動

 手術後にまだフラップなどが落ち着いていないために、視力が日内変動することがあり、特に最初の時期は眼が疲れやすく、疲れると見えにくくなる可能性があり、そのため、術後しばらくは眼を酷使しないことです。

 

フラップ不良

 フラップ作成時に、フラップが切れることや、フラップに歪が生じることがあり、これは特にレーシックにおいてマイクロケラトームを使用していたときに起こることが多かったそうです。イントラレーシックになってからは、より減少しているみたいです。

 

角膜混濁(かくまくこんだく)

 角膜が白く濁ってしまい、視界が白いカーテンに包まれたようになってしまうのがこの現象で、エピレーシックやPRK、LASEKなどのフラップを薄く作る(もしくは作らない)タイプの手術の際に起きやすいそうです。これらの術式は将来的にはフラップがなくなるそうですが、一時的に薄く存在していたりし、それが紫外線に反応してしまい、白く濁るそうです。

 

サハラ砂漠症候群

 フラップの下に砂漠様のような混濁が見られる合併症で、角膜混濁の白濁りとは違って、砂漠様になるという特徴があり、原因は完全に特定されているわけでなく、術後の点眼薬に対する反応や角膜炎が理由だといわれているようです。

 

合併症には、高い確率で発症するものから低確率のものまで様々あるようですね。

 

レーシックの副作用「ハロとグレア」

 「ハロ」「グレア」は、レーシックの代表的な合併症です。

 これは、治療によって矯正した部分と、そうでない部分から入ってくる光が乱反射を起こすことによって起きる現象です。これも個人差があるようです。

 「ハロ」という現象は明るい光源がにじんで見えたり、ぼんやりとモヤがかかって見えたりする現象です。

 「グレア」という現象は、夜、強い光を見るといつも以上にまぶしく感じてしまうという現象です。

ハロとグレア

 さらに、「スターバスト」という現象もあって、これは明るい光源の周囲にさらに星の形のように光が大きく見えるという現象です。

 また、夜特に色の識別をするのが難しく感じ、コントラストが低下してしまうという副作用もあり、このように、夜間に光による視界のブレがおきたりする症状もあるようです。

 この他に、夜昼問わず起きる「ゴースト」ですが、これは物が二重に見える症状です。個人差はあるようですが、夜間の外出や車の運転には危険が伴うことがありますので、視力が戻っても別の症状で日常生活に支障が出ては困りますね。

 これらは、手術後数カ月から1年ぐらいの間に落ち着く(改善される)といわれていますが、それも確実ではないのです。

 このような副作用で悩まされたり、「レーシック難民」で検索した方々のように、一生不自由な生活を余儀なくされたりするようなレーシック手術をしますか。それとも安全な方法で視力を回復してみますか。それはあなたの自由ですが・・・。どちらを取りますか?

レーシックの副作用「ドライアイ」

 レーシックは、非常にデリケートな器官の眼球にメスを入れて削るのですから、当然「リスク」も「副作用」もあると考えるべきですね。

 レーシック手術の副作用で一番多いのが「ドライアイ」です。

  ドライアイ

 ドライアイは、レーシックをする前から症状がある人もいるかと思いますが、レーシック手術では、レーザーの角膜の神経をたくさん切断(その際に、涙腺も)するために、涙の分泌が抑制されて目が乾きやすくなると考えられています。

 中には症状が出ない人もいるようですが、これは、各個人の涙腺から出る涙の量に関係していると考えられています。もともとドライアイ気味の人は、涙の量が少ないと考えられていて、そのため、レーシック手術で涙腺を焼き切ってしまうと、一時的に激しく症状が出ることがあります。

 もともと、ドライアイの人だけでなく、今まで症状が出なかった人も、レーシック手術後にドライアイに悩まされる人は多いようでが、これも個々の差が大きく出てくるようです。

 

レーシックってどんな手術?

 レーシックは、レーザーで角膜を削り、視力を強制的に出す手術なんです。

   レーシック手術

 入院も、通院もほとんど必要なく、たった一日で視力が取り戻せるというのですから興味がわきますよね。でも、「角膜を削る」本当に納得して手術を受けている人がどれだけいるのでしょうか?

 「1日で視力が取り戻せます」といった宣伝の文句につられて大事な角膜を削ってしまう。下手をすれは、「失明」です。そうならなくても、眼球に大きなリスクを背負うことには間違いないでしょう。

 手術後は大丈夫でも、10年後のある朝、いきなり目の前から光が失われてしまう可能性もあるかもしれません。

 失敗すれば、一生取り返しがつきません。一度でも傷ついた角膜はもう二度と、元には戻らないのです。

 実際、手術後の合併症や後遺症も問題になっていますが、マスコミなどでは、話題性と手軽さばかりが重宝されて、危険性についてはほとんど触れられていません。

 そのため、レーシック手術を受けて、失敗し、悩みを抱えて生きることを強いられた「レーシック難民」といわれる人も量産されているのが現状です。

 一生ドライアイや充血、夜盲症などに悩まされる生活。それは、今とはまるで別の人生を歩むことになるでしょう。

 実際私もインターネットで、「レーシック難民」というキーワードで検索してみましたが、恐ろしいほどの被害例がありました。

 そんな人生をかけるような手術をしなくても、視力を回復する方法があります。それは、このページにある教材です。レーシックのように「1日」で視力が回復とはいきませんが、早い人なら数日から数週間で視力が「回復した」とはっきりと実感できるはずです。

 私の場合は、視力が裸眼で0.1見えるか見えないかだったのが、1カ月ぐらいかかり0.8ほど回復して昼間はメガネが不要になりましたが、ワゴン車で保育園児の送迎、送迎をやめてからはトラックを運転していたので、安全のため夕方からはメガネをかけていました。その後のことは別の機会に・・・。

 この教材は、レーシックのような副作用や合併症のリスクはありません。安心して視力回復に取り組むことができますよ。

 

合併症で失明してしまう前に、糖尿病を改善しませんか?

 糖尿病やその予備軍の方にとって気になる血糖値ですが、2~3月にさらに高くなることが知られています。

 

 最近、目の回りにゴミや蚊が飛んでいるような錯覚を感じたことはありませんか?

 そういった症状は、いわゆる「飛蚊症」といわれるものですが、もしかすると、あなたの目でとんでもない病気が進行してしまっているかもしれません。

 

 飛蚊症に合わせて

 ・視力の低下が気になる

 ・目や目の奥が痛い

 ・肩や首がこる

 ・視界がぼやける

 ・目がよく充血する

 ・寝つきが悪い

 こんな症状に思い当たったらそれは結構、危険なサインです。

 そして、健康診断で「糖尿病」や「糖尿病予備軍」と診断されていたら、あなたの目は視力低下どころか失明「待ったなし」の状態かもしれません。

 糖尿病網膜症。糖尿病の合併症の一つです。

 今すぐ、改善に取りかからないとあなたの目は一生、光を失ってしまうかもしれません。

 ご存知の通り、残念ながら今の医学では、一度失明してしまった目を二度と見えるようにすることはできません。

 それを防ぐことができるのは、今、そのことに気が付いたあなただけ。自分の目や体は、自分で守るしかないのです。

 

 一日たった5分。自宅で取り組める最新の糖尿病プログラムがこちらです。

 ⇒ 糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラム

 

 一日たった5分。簡単な糖尿病改善プログラムを実践するだけで血糖値は安定し、あなたの目の前を飛び回っていた幻の蚊もスッキりしてくるはず。

 人によっては、効果もすぐに実感できます。

 そんな『秘密の方法』が公開されています。

 期間限定のプレゼントもありますので、今すぐご確認ください。

 

 詳しくはこちら 

    ⇩

 糖尿病改善5ミニッツ画像

       <画像クリック>

アンチエイジングなビタミンの話。

 アンチエイジングのビタミンとは? ビタミンB2。 

 ビタミンB2とは、糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変える酵素の補酵素として働きます。とくに成長期の子どもには、必須のビタミンとして有名ですが、最近の研究では動脈硬化や老化の原因となる「加酸素脂質」の成長を抑えて予防してくれる効果もあることも分かってきています。

 今の言葉で言うと「アンチエイジング」。また、粘膜を保護する働きがあり、「目」、舌、唇などの粘膜の健康にも大きく影響します。

 ビタミンB2の摂取をとくに意識していただきたい方は、

 ・脂肪分の摂取が多い方

 ・疲れ目の気になる方

 ・成長期のお子様

 ・角膜炎になりやすい方

 ・動脈硬化やガンが気になる方

 ・白内障の予防をしたい方

 ・妊娠中の方

 もちろん、それ以外の方も必要な栄養素ではありますが、ここにあげた人は、とくにビタミンB2不足にならないようにしてください。また、良質なサプリメントなどを利用して、フォローするなど気をつけてください。

ビタミンB群の中で一番欠乏しやすい栄養素は?

 ビタミンB群の中で一番欠乏しやすいのは、ビタミンB1です。ビタミンB1が欠乏すると、糖質の分解がスムーズに行われなくなります。

   ビタミンB1

 また、疲労物質がたまりやすくなり、慢性的に「疲れる」「だるい」という症状を感じやすくなります。さらに、ビタミンB1が分解することによって、脳の活動を支える唯一の栄養素「ブドウ糖」が生成されています。

 つまり、ビタミンB1が不足すると脳の機能が充分に働けなくなってしまいます。初期段階ではイライラしたり、集中力がなくなったり、軽度のうつ的症状が見られるようになり、末期的には、肝臓や腎臓の機能低下を引き起こし、胃腸障害などの原因にもなります。

 ビタミンB1が豊富な食材としては、豚肉やうなぎが有名ですが、毎日、豚肉やうなぎは食べられませんよね。ですから、とくに食生活が不規則であったり、仕事が忙しい方は、サプリメントでビタミンB1を補うように心がけましょう。

ビタミンB群の役割

 「ビタミンB」は糖質、たんぱく質、脂質をエネルギーに変える働きがあります。

  ビタミンB群の働き

 人間の体は、糖質、たんぱく質、脂質が分解されてエネルギーになります。しかし、これらの栄養素は単独ではエネルギーに変わることができません。

 エネルギーに変わるためには酵素が必要になり、ビタミンB群は、そうした酵素の働きを助ける「補酵素」と呼ばれるものです。

 補酵素といっても、「補助的な」「補う」という意味以上の役目を担っています。実際、B群がなければエネルギーは産生されません。ビタミンB群はそれほど重要なビタミンなのです。

 ビタミンB群が欠乏してくると、

 ・仕事や勉強に集中できない

 ・昼間に居眠りをする

 ・視界がかすむ

 ・目が疲れやすい

 ・疲れやすい

 ・目の周りが重たく感じる

 ・肩こり

 ・眼球の痛み

 などの症状から始まり、進行すると、脚気(かっけ)やうつ病、神経障害、脳機能障害などに発展してしまいます。

 しかも、厄介なことにビタミンB群は、ビタミンCと同じく水溶性ビタミンです。水溶性ビタミンは水に溶けるため、過剰に摂取しても尿と一緒に排泄されますので、過剰症の心配はほとんどありません。

 しかし、それはすなわち体に貯め込むこともできないということです。

 つまり、毎日、必要量を摂取しなければ欠乏症を発症するおそれがあるということです。これを防ぐためには、毎日の食事でB群を含む食品をきちんと摂取するか、サプリメントなどでサポートする必要があります。 

最近こんな症状に心当たりありませんか?

ビタミンB群

●疲労感が続く

●肩こりがひどい

●目が疲れる

●よく、口内炎になる

●物忘れが気になる

●目の周りが重たい感じがする。

●常に眠気がある

●寝つきが悪い

●焦燥感がある

●イライラしやすい

 もしも、この内の2つ以上に心当たりがあるのなら、あなたはビタミンB群不足かもしれませんね。

 ビタミンB群といえば、ご存知の方も多いと思いますが、目に必要な栄養素の筆頭格。また、脳の健康にも必要不可欠な栄養素です。ビタミンB群が不足する代表的な病気は「脚気(かっけ)」さらにひどくなると、神経、心臓、脳に異常が起こります。

 そして、視力低下や眼精疲労、その他、さまざまな目のトラブルを引き起こしてしまいますので、ビタミンB群不足の解消に努めてくださいね。